先日ネイリストさんとお話していた時のこと。

ローズが大好きで、ローズの香りの物ばかり買ってしまうので
いっそローズの精油を買ってしまおうと、見に行ったら・・・
すっごーく高くて、買うのを躊躇してしまった・・・との事でした。

その時に、ローズ・オットーとローズ・アブソリュートってあって
どちらが良いのか悩んだのですが、品種か何かですか?
と聞かれました。

答えは、品種ではなく、香りの成分の抽出方法の違いなんです。

精油の多くは水蒸気蒸留法で抽出されています。

香りの元となる植物に水蒸気を当てる事によって
香りの成分(芳香分子)を、水蒸気の中に取り入れ
その水蒸気を冷却する事によって
油溶性の芳香成分と、水溶性の溶液に別れます。
この油溶性の芳香成分が、精油となるのです。
これを水蒸気蒸留法といいます。

水蒸気蒸留法で採取されたローズ精油をローズ・オットーといいます。

また特別な溶剤を使用して、ローズの芳香成分を抽出した物を
ローズ・アブソリュートといいます。
(溶剤抽出法といいます)

ローズ・アブソリュートは使用した溶剤が残っている可能性があるので
皮膚塗布には使用しないよにします。

ローズ・アブソリュートの方が、香りが本来のローズの香りに近く
一般的に良い香りと言われています。
また溶剤により抽出されるので、採油量がオットーよりも比較的多いので
価格もオットーよりは安いようです。

芳香浴などで楽しむ時には、ローズ・アブソリュートが良いかもしれませんね。

ローズ・オットーは約13℃以下になると固まります。
もしお手持ちのローズ精油が本物かな?という時は
冷蔵庫に入れて、固まるかどうかで判断できるはずです。

写真(2)

 

 

 

 

 

山梨にあるNARD JAPANの農場風景です。
収穫直前のダマスクローズです。